萎縮性膣炎 老人性膣炎 - 港区、品川区の産婦人科で妊婦健診・産後ケア・避妊相談なら│海老根ウィメンズクリニック
ホーム > ブログ > 院長ブログ > 二日酔いにビタミンC点滴とプラセンタ

萎縮性膣炎 老人性膣炎

萎縮性膣炎 老人性膣炎

更年期以降、癌検診の結果の結果の時に言われることの多い言葉です。
ちょっと、耳慣れない言葉ですが、女性ホルモンが低下すると、膣内の常在菌であるラクトバチルスが少なくなり、
膣内環境の低下の結果、雑菌が膣内に住み着いてしまい、おりものが増えてしまう病態です。
膣の嫌な臭い、または、膣の痛みで受診される患者様もいらっしゃいます。

治療としては、
1.膣内洗浄
2.抗生物質投与
3.女性ホルモン投与(局所的、全身的)
4.膣内レーザー

以上の治療を順に進めることにより、症状が軽快します。
1.2.3は、一般的な治療で保険適応で治療が可能です。
難治性で膣萎縮が強い場合、かゆみ痛みがよくならない場合には、レーザー治療が行えます。
症状により、適した治療をご提案させていただきます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
https://ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ