萎縮性膣炎 老人性膣炎とは?

萎縮性膣炎 老人性膣炎とは?

閉経後に、歩くと違和感があったり、下着が食い込んで痛くなるということはありませんか?
閉経近くの時期や、閉経後に多い症状です。
病院に行くと、萎縮性膣炎、老人性膣炎といわれることがあります。

女性ホルモンであるエストロゲンが低下すると、膣や外陰部がしぼんでしまったり、分泌物が減少することで痛みが生じたりすることがあります。

膣外陰部のレーザーのモナリザタッチ
軟膏
腟錠
ホルモン補充療法(塗り薬、貼り薬、内服薬があります)
その他、外陰部のケアによって、症状が軽快します。

ちょっと言いにくいと思われるかもしれませんが、外来にご相談にいらしてください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ