産後の会陰切開の傷 - 港区、品川区の産婦人科で妊婦健診・産後ケア・避妊相談なら│海老根ウィメンズクリニック
ホーム > ブログ > 院長ブログ > 二日酔いにビタミンC点滴とプラセンタ

産後の会陰切開の傷

産後の会陰切開の傷

大学勤務の時代、年間500件以上の出産に立ち会っていました。
自然分娩の時に作る傷は小さいものが多かったのですが、無痛分娩が多くなるにつれ、
痛みが小さいため、傷が大きくその後の生活に支障が出る状態も時々見かけます。

会陰部が広がりすぎている。
傷の違和感がとれない。
膣壁のずれが気になる。
など、心配は様々です。

状況によっては、局所麻酔を用いて再縫合することもございます。

全てを解決することはできないかもしれませんが、モナリザタッチやエムセラで尿漏れ対策も可能です。

産後の傷がご心配な方は、いつでもご相談くださいませ。

予約は一般診療でお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
https://ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ