夫のちんぽがはいらない 産婦人科医の視点から - 港区、品川区の産婦人科で妊婦健診・産後ケア・避妊相談なら│海老根ウィメンズクリニック
ホーム > ブログ > 院長ブログ > 尿漏れにエムセラ、モナリザ

夫のちんぽがはいらない 産婦人科医の視点から

夫のちんぽがはいらない 産婦人科医の視点から

最近、「夫のちんぽがはいらない」という本を読みました。
かなり流行っているとのことで、知り合いから借りました。

婦人科医の私にとって、これはどういうことだろう?と気になりました。
最後まで読みましたが、教師のご夫婦にとって、お子さんがいないことは、非常に
つらいことだと思いました。

でも、この中に出てくる医師像には、少し悲しくなりました。
相談にのってくれる医師は、作者の世界にはいないようです。

性交渉が出来ないカップルはたくさんいます。
今まで、特に抵抗なく診療させてもらってきました。
でも、やっぱり、医療の敷居は高すぎるのでしょうか?
医師を訪れることは、この本の中にはなかったようです。

できることなら、相談されたかったなあと思いました。

処女膜強靭症という病気があります。
処女膜が硬くて、性交渉時に出血してしまうことがあります。
レーザーで治療したり、切開して、治療を行うことができます。

保険適応ではないこともありますが、様々な治療があります。
言いにくい悩みを是非相談しに来てください。
お待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
https://ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ