妊娠中の便秘について

妊娠中の便秘について

妊娠中の便秘
妊娠によるホルモンの変化、子宮による腸の圧迫、水分不足、ストレスにより妊娠中は便秘になりやすくなります。
生活習慣を見直して、スッキリ便秘知らずの腸を目指しましょう!

 

① 食物繊維を多くとる。
雑穀米や胚芽米、全粒粉のパン、さつまいもや、長いも、ごぼう、れんこん、かぼちゃ、小松菜、ブロッコリー、豆類、こんにゃく、きのこ類が多く食物繊維が含まれています。

 

② 適度な運動が大切です。
ヒールが低い、足元が安定した靴で散歩やウォーキング、ストレッチなど無理のない程度に体を動かしましょう。

 

③トイレに行く習慣をつけましょう。
まずは毎朝トイレに座ってみましょう。身体にトイレの習慣を覚えさせる事で、毎朝同じ頃にトイレに行きたくなります。お昼や夕方にトイレの習慣をつけてしまうと、外出した場合に外出先でのトイレを我慢してしまい便秘に逆戻りしてしまいます。
必ずおうちにいる時間帯に習慣をつける事が大切です。

 

④ 朝の目覚めにお水を一杯飲む。
朝起きてすぐにお水を飲む事で腸を目覚めさせます。それにより腸の動きも活発になりますし、水分を補給する事で便がやわらかくなり、排便をスムーズに行う事ができます。

 

⑤ たっぷり睡眠をとる。
寝る前のリラックスタイムは副交感神経が優位になります。副交感神経が働く事で、腸の動きが活発になります。
それでも便秘の場合は妊娠中でも使用できる便秘薬を処方致しますのでお気軽に診察時にご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ