乳腺外科

女性医師の崔先生による診察です。

saidr
乳腺外科担当の崔と申します。

大学卒業後臨床研修医として2年間ローテーションしたのちに、外科後期研修医として一般外科(消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科)を経験し、その後乳腺外科医として修練、勤務を行ってまいりました。
乳がんは年々増加しているにも関わらず、健診受診率は低いのが現状です。当クリニックでは検診はもちろん、細胞診や組織診断、良性疾患の定期的な経過観察、乳癌術後の定期的な経過観察など、できる限り幅広く対応させていただきます。
 地域の皆様の少しでもお力添えになれるよう尽くしてまいりますので、よろしくお願い致します。

崔 賢美

【診療時間】
 火・水・木・土曜日  午前9時 ~ 午後5時
※火曜日不定期休み

【乳腺外科診察】
症状のある方(お胸のしこり、痛みなど)、会社検診等で要精査となられた方は
乳腺外科をご予約ください。
外来受診後に、マンモグラフィーや超音波検査をご予約させていただきます。
状況により、同日に検査を受けられる場合もございますので、医師とご相談ください。
お急ぎの方は産婦人科にてご対応させていただくこともできます。婦人科は、毎日受診が可能です。
保険診療が適応となる場合もございますので、保険証をご持参ください。

【乳がん検診】
特に症状がなく、検査希望の方は、マンモグラフィー枠乳腺超音波枠からご予約できます。
この場合、自費の診療となります。
結果は3週間後以降の乳腺外科外来のご予約をお取りください。
料金は、下記それぞれの項目をご参照ください。

【提携病院】
昭和大学病院、済生会中央病院、東大病院、癌研有明病院、北里大学病院、聖路加国際病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、日本赤十字社医療センター、東京慈恵会医科大学附属病院、東京高輪病院

マンモグラフィー

乳房専用のレントゲン検査で、X線撮影です。 乳房をはさみ薄く伸ばして撮影するので、多少の痛みを伴うことがあります。 早期のガンの発見に適しています。 乳房にしこりや気になるところがある方はご相談ください。

※心臓ペースメーカーの方は検査できません。
※豊胸手術の方は施術内容によっては検査できません。
※妊娠中の方は検査できません。

マンモ機械
 

乳腺エコー検査

超音波で乳房(主に乳腺)の状態を調べ、しこり(腫瘤)が良性か悪性か調べる検査です。 痛みはありません。また妊娠中でも可能な検査です。 乳房にしこりや気になるところがある方はご相談ください。

超音波エラストグラフィー

Probeによる圧迫・弛緩を行うことで組織の硬さを評価する新しいイメージング手法です。 悪性腫瘍に鑑別の質的な診断を向上させます。
※乳腺エコー検査のオプションになります。 超音波エラストグラフィーのみの検査はありません。
 

マンモグラフィー+乳腺エコー+超音波エラストグラフィー セットコース

悪性腫瘍は、乳腺エコーのみで検出される場合とマンモグラフィーのみで検出される場合があります。 総合的な判断が望ましいため、セットコースでの検査をお奨め致します。
 

乳腺エコーとマンモグラフィーの違い

乳房超音波 マンモグラフィー
利点 ・乳腺が発達している人(若年層)でもしこりの検出がしやすい ・妊娠中、授乳中の方も検査可能 ・被曝がない。 ・早期乳がんの所見である微細な石灰化を検出しやすい
・過去画像と比較しやすい
欠点 ・早期乳がんの所見である微細な石灰化の検出は困難 ・乳房全体の描出が不可能であるため検査施行者の技量に影響される ・検査中痛みを伴うことがある。
・乳腺が発達している若年層はしこりと乳腺の区別がつきづらい
おすすめ年代 20~30代、授乳中、妊娠中 30~40代以上
!乳がん検診では、マンモグラフィー単独検診より、超音波を併用することによって乳がんの発見率が上昇します
マンモグラフィー検査は、単独で乳がん死亡率現象の後下が証明されている唯一の検診方法であり、ガイドラインでは40歳以上2年に1回のマンモグラフィー検査を推奨しています。さらに、J-STARTの比較試験により、超音波を併用することによって発見率が上がることがわかってきています。
日本乳癌検診学会HP  J-START HP

細胞診、針生検

超音波で乳腺のしこりがみつかった場合、しこりの細胞や組織を取って詳しく調べる必要がります。
組織とは、たくさんのさまざまな種類の細胞の集まりです。細胞を取って染色し顕微鏡で観察することを「細胞診」、組織を取って染色し顕微鏡で観察することを「組織診」と呼びます。

■穿刺吸引細胞診
病変部に直接細い針を刺して、注射器で吸い出した細胞を顕微鏡で観察します。
多くの場合は局所麻酔なしに行われ、超音波で確認しながら針を刺します。
検査時間は準備も含めて10分程度です。

■組織診コア(針生検)
コア針生検は、ばねの力を利用して組織を切り取る方法です。一度に採取できる組織は1本で、通常1回の検査で3~5本採取します。 局所麻酔を用いて痛みを抑えて検査します。太めの針を刺すために穿刺吸引細胞診と比べると患者さんのからだへの負担はやや大きいですが、より多くの情報を得ることができます。

自費検診料金一覧

検査内容 料金
 乳腺エコー  7,020円→キャンペーン価格6,480円
 マンモグラフィー  10,260円→キャンペーン価格5,400円
 乳エコー+マンモグラフィー  17,280円→キャンペーン価格11,880円
3点セット(エコー・マンモ・エラストグラフィー)  20,000円
※検査結果は自費再診料 2,160円
※保険適用の場合は上記料金と異なります。

乳がんのチェックなら品川区からアクセスが良い産婦人科へ

港区にある海老根ウィメンズクリニックでは、産科での妊婦健診から婦人科での子宮がん検診、乳腺科での乳がん検診まで幅広く、女性のお体のサポートをしております。乳房にしこりがある、左右の乳房や乳首に違いがあるなど、おかしいなと思ったことがあれば乳腺外科にご相談ください。
乳がんは女性で最も多いがんであり、発見が遅れれば乳房切除や命のリスクが伴う病気です。早期発見が大切であり、品川区でも産婦人科での検診を促進しております。港区の海老根ウィメンズクリニックの検査は、超音波を使った乳腺エコー検査・マンモグラフィーがございます。乳腺エコーはご妊娠中でも検査可能です。

妊婦健診はもちろん、各がん検診についてもお気軽にご相談下さい。

医院概要

白金高輪海老根ウィメンズクリニック

TEL:03-5789-2590 FAX:03-5789-2591


問診票について

問診票はPDF形式でダウンロードできます。
※ご記入いただき、ご来院時にご持参ください。
> ダウンロードはこちら
白金高輪海老根ウィメンズクリニック地図

〒108-0074
港区高輪1-2-17 高輪梶ビル7F

Googleマップでみる
バスでお越しの方
送るまでお越しの方
オンラインでのご予約はこちら 24時間受付中

このページのトップへ