2018 9月

がんと生活習慣

遺伝するがんは全体の5%にすぎません。毎日多数のがん細胞ができては、免疫の細胞に殺されています。たまたま免疫がとりこぼしたがん細胞が10~15年近い時間を経て、目に見える癌に育っていくのです。タバコを吸わず、酒も飲まず、食事のバランスに気を付け、運動を心がけても、がんになる危険性は減少しますが、ゼロにはなりません。
ですから、次の備えとして早期に見つけて完治させる「がん検診」が必要なのです。
「生活習慣の改善+がん検診」で、がんで死ぬ確率は大きく下がります。野菜中心の食生活や運動を心がけることでがんになるリスク(危険性)は大きく減ります。しかしそれでも、がんになるリスクは残ります。ですから、「生活習慣の改善とがん検診」の2段構えが大事です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


乳がんの生存率

先日がんと診断された人の3年後の生存率が初めて公表されました。乳がんは95.4%という高い数値でした。
これは乳がんを早期に発見し、治療すれば、比較的高い生存率であることを示しています。
早期に乳がんを発見するには、1年に1回のマンモグラフィ検査と超音波検査による検診を受けることが重要です。
当院では、日曜祝日、また月曜日水曜日の19時まで、検診を受付けております。
お休みの日、またお仕事帰りにもお気軽に検診をお受けください。
また気になることがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


モナリザタッチを導入します。

モナリザタッチという、レーザー治療を開始することにしました。

産後のケアを長年行ってきました。
精神的なケアを中心に治療を行ってまいりましたが、やはり器質的な悩みを解決することは重要です。
産後に尿漏れが気になる方、ゆるみ、頻尿、性交痛が出現するかたはとても多いです。
自然に治癒する方もいらっしゃいますが、ひとに言いにくい悩みを一緒に解決したいと思っておりました。
このモナリザタッチは、腟内及び外陰部、尿道口周囲に対する炭酸ガスレーザー治療機器です。
局所麻酔クリーム使用するため痛みなく、数分間のレーザー治療で、これらの症状が軽快する方が多いです。

膣の若返り、または、アンチエイジングケアとしても最適です。
更年期の膣萎縮からくる疼痛や乾燥感、ゆるみ、細菌性膣症にも効果的です。
また、最近、生殖年齢の20-30歳代のストレスからくる性交痛の患者様も多くいらっしゃいます。
乳がん術後の方にも、治療可能です。
このような患者様に是非、治療を受けていただきたいと思います。

10月中に導入予定です。
ご興味のある方、ご連絡お待ちしております。

腟内照射       30000円+税 (診察料別)
外陰部照射      30000円+税 (診察料別)
腟内照射+外陰部照射 50000円+税 (診察料別)
麻酔          3000円+税

保険証をご持参の上、お越しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


乳がんのリスクが増えるもの!

今のところ、乳がんを予防できるものはありません。
残念ながらこれを食べればなりにくいという食材もありませんが、乳がんになりやすいとわかっているものがありますので、お伝えします。
アルコール、たばこ、肥満(閉経後)、家族に乳がんになった人がいる
これらはほぼ確実にリスクが増えます。
家族歴以外は誰でもなりうる可能性がありますね。
乳がんの患者さんは増え続けています。
皆さん、私は大丈夫と思わずに検診を受けましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


絨毛膜羊膜炎とは?

絨毛膜羊膜炎とは?

赤ちゃんと子宮の間にある卵膜(絨毛膜・羊膜)が感染を起こし、流早産になりやすくなる疾患です。
症状は下腹部痛、お腹の張り、おりものの増加、おりものの悪臭があり、状態が進行すれば早産(臨月に入る前に出産する事)、子宮頸管の短縮、前期破水になる場合があります。
検査はおりものの培養検査と子宮頸管の顆粒球エラスターゼ検査を行います。(エラスターゼ検査は妊娠22週より行うことが出来ます。)
培養検査ではどのような細菌に感染しているか調べ、使用薬剤を選択します。エラスターゼ検査は卵膜、子宮頸管のコラーゲンを分解し、子宮頸管の熟化や破水を引き起こす顆粒球エラスターゼの量を測定します。
治療は抗生剤と子宮収剤を使用します。
また仕事、家事をお休みし、安静にすることも大切です。
疲労、睡眠不足になると抵抗力が低下し、感染しやすくなります。そして「おりものが多い」「匂いが気になる」「お腹が張る」「ピンク色のおりものが出る」と思ったら早めに受診しましょう。
早期発見、早期治療で早産を防ぐことが出来ます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


妊婦健診で信頼をおく港区の海老根ウィメンズクリニック院長のブログです

港区にある海老根ウィメンズクリニックは、女医と女性スタッフで安心の妊婦健診をご提供しております。当院院長によるブログを更新しておりますので、ぜひご覧ください。女性のお悩みや産前産後のお悩みがある方に、お役立ていただければ幸いです。
ブログは品川区からもアクセスのいい海老根ウィメンズクリニックの産婦人科の最新情報はもちろん、新たに導入される診療科やお迎えする先生のご紹介から、学会報告、誰にでも分かりやすい母乳の話など多彩です。
産婦人科を初めてご利用になる方は、どなた様もご不安や心配もあるかと存じます。ブログを読んで少しでもご安心していただき、親近感をもっていただければ幸いです。品川区にお住まいの皆様も、ぜひ海老根ウィメンズクリニックへお越しください。


このページのトップへ