助産師ブログ

今年もインフルエンザ予防接種が始まりました。

皆様、予防接種はお済みですか?
ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間後から約5ヶ月間とされています。過去の発生状況から考えると、一般的に10月中旬から12月中旬までに予防接種を行うのが望ましいです。
妊娠中は抵抗力が落ちているためインフルエンザに感染すると重症化しやすくなりますので注意しましょう。
妊娠期間中、いつの時期でも予防接種することが出来ます。
もちろんパパもお子様も一緒に受けられますので、ご家族皆さんでお受け下さい。
料金: 成人 1回 5400円 税込

     小児 1回5400円 税込
         (13歳未満のお子様は2回接種になります)

チメロサールフリーインフルエンザワクチンンは、数に限りがございま
す。ご希望の方は早めの来院をお願い致します。
*チメロサールフリーとはエチル水銀に由来する防腐剤が入っていないワクチンです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


絨毛膜羊膜炎とは?

絨毛膜羊膜炎とは?

赤ちゃんと子宮の間にある卵膜(絨毛膜・羊膜)が感染を起こし、流早産になりやすくなる疾患です。
症状は下腹部痛、お腹の張り、おりものの増加、おりものの悪臭があり、状態が進行すれば早産(臨月に入る前に出産する事)、子宮頸管の短縮、前期破水になる場合があります。
検査はおりものの培養検査と子宮頸管の顆粒球エラスターゼ検査を行います。(エラスターゼ検査は妊娠22週より行うことが出来ます。)
培養検査ではどのような細菌に感染しているか調べ、使用薬剤を選択します。エラスターゼ検査は卵膜、子宮頸管のコラーゲンを分解し、子宮頸管の熟化や破水を引き起こす顆粒球エラスターゼの量を測定します。
治療は抗生剤と子宮収剤を使用します。
また仕事、家事をお休みし、安静にすることも大切です。
疲労、睡眠不足になると抵抗力が低下し、感染しやすくなります。そして「おりものが多い」「匂いが気になる」「お腹が張る」「ピンク色のおりものが出る」と思ったら早めに受診しましょう。
早期発見、早期治療で早産を防ぐことが出来ます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


熱中症に気を付けましょう

妊娠後は妊娠前に比べて基礎体温が上昇するため、気温以上に体感温度が上がります。新陳代謝もよくなり、かなり汗をかきやすくなるため、妊娠全般を通じて適度の水分補給が必須です。
とくに妊娠初期はつわりのため、1日の水分量が不足する方が多いです。気持ち悪い時も、少量のお水をこまめに摂りましょう。

熱中症の症状は?
・めまいや顔のほてり
・筋肉痛や筋肉のけいれん
・体のだるさや吐き気
・汗のかきかたがおかしい
・体温が高い
・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
・水分補給が出来ない

応急処置のポイント!
・クーラーが涼しい場所へ移動しましょう。
・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう。
・できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ま
せましょう。おう吐の症状があったり、意識がない場合は、誤って水が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ふくちゃん通信 マタニティーインナーのご紹介

下着マタニティーインナーのご紹介

・ショーツ
  妊娠4ヶ月に入ると徐々に子宮が大きくなり、お腹が出てきます。今までの下着からマタニティー用のショーツに変更しましょう。伸縮性と通気性に優れた素材で、妊娠初期から臨月まで子宮を圧迫することなく守ってくれます。また、お腹やお尻をすっぽり覆って冷え対策にもなります。

・腹帯
  日本ではお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻き、安産を祈願する習わしがあります。腹帯はお腹を支えて赤ちゃんを安定させ、保温する役目を持った大切なアイテムです。色々と試着をしてみて締め付けない、着心地の良いものを選びましょう。

・ブラジャー
 妊娠初期には産後に母乳を出すため、乳腺が大きく発達して胸が張ります。お胸も血行が良い方がたくさん母乳が出ますので妊娠したらワイヤー入りのブラジャーは出来るだけ使わないようにしましょう。

当院ではモーハウス、犬印、ローズマダムのブラジャー、
ショーツを販売しております。ご試着も出来ますのでスタッフにお気軽にお声かけください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


妊娠中の頻尿・尿漏れ

妊娠中の頻尿・尿漏れ

妊娠後期になると大きな子宮で膀胱が圧迫され、頻尿、尿漏れの症状が出ることがあります。出産後約2カ月経ちますと、子宮が元の大きさに戻り、こういった症状が出なくなる方が多いのですが、なかには骨盤底筋群が緩み、その後も頻尿・尿漏れの症状に悩む方もいます。
そんな時は、一度、当院の泌尿器科の受診がおすすめです。月に2回、泌尿器科の女性医師が外来を行っています。
病的な原因がないか検査をしてから、骨盤底筋を鍛えるピラティスのプログラムを紹介したり、ウロマスターという干渉低周波により、膀胱排尿筋・骨盤底筋刺激し、頻尿・尿失禁の治療を行う機能的電気刺激装置を使用し症状の緩和ケアを行っていきます。
40代、50代と年齢を重ねると症状はさらに強くなるので早めに筋肉を鍛え始めましょう。
ご希望の方はインターネット、またはお電話でまず、泌尿器科、または産婦人科でご予約をお取りください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


妊婦健診で信頼をおく港区の海老根ウィメンズクリニック院長のブログです

港区にある海老根ウィメンズクリニックは、女医と女性スタッフで安心の妊婦健診をご提供しております。当院院長によるブログを更新しておりますので、ぜひご覧ください。女性のお悩みや産前産後のお悩みがある方に、お役立ていただければ幸いです。
ブログは品川区からもアクセスのいい海老根ウィメンズクリニックの産婦人科の最新情報はもちろん、新たに導入される診療科やお迎えする先生のご紹介から、学会報告、誰にでも分かりやすい母乳の話など多彩です。
産婦人科を初めてご利用になる方は、どなた様もご不安や心配もあるかと存じます。ブログを読んで少しでもご安心していただき、親近感をもっていただければ幸いです。品川区にお住まいの皆様も、ぜひ海老根ウィメンズクリニックへお越しください。


このページのトップへ