院長ブログ

シアーズ博士夫妻のマタニティブック

妊娠中、お勧めの本はありますか?
外来で良く質問される、質問です。
迷わず、シアーズ博士夫妻のマタニティーブックを推薦しております。
実際、私の第一子の妊娠中、繰り返し読んでいました。
分厚い本ですが、妊娠3か月、4か月、5か月と1か月ごとに章が分かれていて、大変読みやすい本となっております。
自分の妊娠の時期に合わせて読むと、さらに素晴らしさがわかります。
内容はやや硬めですが、正確で役に立ちます。妊娠中の皆様に是非お勧めします!!

監修の竹内正人先生は、このクリニックを応援してくださっている、心強い先輩産科医です。
竹内先生、いつもありがとうございます。


お絵かき水族館

少し前のことになりますが、娘がものすごく喜んで参加した、お絵かき水族館。ご存知ですか?
好きなお魚の絵をかいて、スキャンすると、壁いっぱいの海のモニターに自分の書いたお魚が泳ぐというもの。
うちのクリニックのHPを作ってくださったチームラボという会社が開発したと知って、びっくり!!
いろんなところで、イベントをしているそうなので、機会がありましたら参加してみてください。
とっても面白いです。


小さな赤ちゃんをお連れいただく時には、是非横抱きでいらしてください。

たくさんの赤ちゃん連れのママたちに来ていただきまして、大変うれしい毎日を送っております。
そこで、ママたちに、一つお願いしたいことがあります。
寝返りができる前の、首の筋肉が未発達の時には、赤ちゃんの首がしっかり固定できるように、横抱きでいらしてください。
縦抱きの抱っこひもは、5-6か月以降の使用がお勧めです。

羊水の中で重力を感じなかった赤ちゃんが、高等動物のこの大きな頭を支える筋力がつくには、時間が必要です。
うつむいた姿勢をさせることで、側弯症や斜頸になるリスクも増加します。

是非、大切な赤ちゃんの筋肉が発達するのを待っていてあげてください。


小児歯科の片桐先生に、母親学級の講師として来ていただくことになりました。

小児歯科の片桐先生。実は、私の仲良しの後輩の妹さんで、子どものプレスクールのママ友で、当クリニックの妊婦さんだったという、ご縁のある先生です。
子どもが、初めての虫歯になって、大変動揺した時にも助けていただきました。
全く無知だった歯科の知識をいつも丁寧に教えてくださいます。
当クリニックの助産師さんたちともとても仲良く、是非、妊婦さんにママとベビーの歯のことを教えていただきたいと依頼したところ、快く引き受けてくださいました。
9月24日、10時からの妊娠中期の母親学級より、片桐先生のお話を聞くことができます。
ご興味のある方、ぜひご予約ください。Websiteから予約できます。


白金高輪駅に看板を設置しました。

白金高輪駅の改札口を出ると、左からも右からもクリニックに行くことができます。

近いのは2番出口でしょうか。改札を出てから、左手前に曲がって、エレベータを使ってもエスカレーターを使ってもいいのですが、地上に出ます。
ところが、出てからがちょっと迷います。地上に出たら左へ向かって歩いて薬局Tomod'sを右手に大通り沿いの歩道を歩いたところで左上を見上げると消火栓標識に看板があります。
その先の右手イタリアンレストランの5階に当院があります。
通り過ぎると、カレー屋さんと、セブンイレブンがあります。

さて今度は、改札を出て右手前に曲がって、すぐ左手のところにクリニックの看板を設置しました。
妊婦さんOK、お子様連れOK、明るい感じのクリニックと伝わるかなあ…。
外来も母乳マッサージも土日祝日OKと伝わるかなあ…。
という想いとともに、設置をお願いしました。
実際、お正月以外は毎日外来を開けています。
時々、お休みをいただいて、多久島先生にお願いすることもありますが、クリニックは開いております。

お気軽にいらしていただける、クリニックを目指しております故、よろしくお願いいたします。


妊婦健診で信頼をおく港区の海老根ウィメンズクリニック院長のブログです

港区にある海老根ウィメンズクリニックは、女医と女性スタッフで安心の妊婦健診をご提供しております。当院院長によるブログを更新しておりますので、ぜひご覧ください。女性のお悩みや産前産後のお悩みがある方に、お役立ていただければ幸いです。
ブログは品川区からもアクセスのいい海老根ウィメンズクリニックの産婦人科の最新情報はもちろん、新たに導入される診療科やお迎えする先生のご紹介から、学会報告、誰にでも分かりやすい母乳の話など多彩です。
産婦人科を初めてご利用になる方は、どなた様もご不安や心配もあるかと存じます。ブログを読んで少しでもご安心していただき、親近感をもっていただければ幸いです。品川区にお住まいの皆様も、ぜひ海老根ウィメンズクリニックへお越しください。


このページのトップへ