プラセンタ療法について

プラセンタ療法について

プラセンタ療法は、胎盤由来の有効成分を注射・内服により体内に取り込む治療です。
保険適応になる疾患は、
➀更年期障害
➁乳汁分泌不全
➂慢性肝機能障害
です。

当クリニックでは、主に、更年期障害の治療として、ヒト由来のプラセンタ注射薬(メルスモン・ラエンネック)を使用しております。

効能としては、
➀月経周期の正常化
➁のぼせ、ほてり、発汗などのホットフラッシュの改善
➂頭痛、不眠、肩こり等の血管収縮弛緩調整能障害の軽減
➃うつ、怒りなどの更年期特有の精神症状の緩和
➄アンチエイジング
➅皮膚の水分保持
が挙げられます。

問診、採血により更年期障害が診断されたのち、治療を行います。
1-2回/週の治療により、症状が軽減されることが多いです。

通院が難しい方には、内服治療を行います。
保険適応はなく、ブタ由来のプラセンタ製剤を15000円/月(税別)をお渡ししております。

アンチエイジングにご興味のある方は、高濃度ビタミンC点滴とのブレンドのご用意がございます。

大学院時代、プラセンタの研究を行っておりました。
その当時、更年期の治療はよく知らなかったのですが、20年前より、胎盤には胎児を育てる成長因子の宝庫であることは、立証されておりました。プラセンタは、がん化することなく細胞を活性化させるすばらしい製剤であると思っております。

ご興味のある方は、外来でお気軽にお尋ねください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ