がんと生活習慣

がんと生活習慣

遺伝するがんは全体の5%にすぎません。毎日多数のがん細胞ができては、免疫の細胞に殺されています。たまたま免疫がとりこぼしたがん細胞が10~15年近い時間を経て、目に見える癌に育っていくのです。タバコを吸わず、酒も飲まず、食事のバランスに気を付け、運動を心がけても、がんになる危険性は減少しますが、ゼロにはなりません。
ですから、次の備えとして早期に見つけて完治させる「がん検診」が必要なのです。
「生活習慣の改善+がん検診」で、がんで死ぬ確率は大きく下がります。野菜中心の食生活や運動を心がけることでがんになるリスク(危険性)は大きく減ります。しかしそれでも、がんになるリスクは残ります。ですから、「生活習慣の改善とがん検診」の2段構えが大事です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ