乳房超音波検査の撮影方法

乳房超音波検査の撮影方法

前回はマンモグラフィの撮影方法を先週書かせていただいたので、今回は乳房超音波検査の撮影方法をご説明します。
超音波検査では、ベッドに仰向けになっていただき、乳房にゼリーを付けた状態で探触子という機械を上から滑らせながらスキャンしていきます。検査中は、モニターに映しだされた画像を見ながら検査していくため、お部屋は暗い状態になります。
超音波検査は乳腺内にしこりがある場合、その形状や内部の性状などを詳細に描出することを得意としています。
マンモグラフィや超音波検査の画像検査を受けていただくことで、乳房診断の精度が上がります。当院乳腺外科のウェブサイトページにマンモグラフィと超音波検査の利点・弱点などをまとめてありますのでご参考くださいませ。
不明な点などございましたら、ご相談ください。その際は乳腺外科でのご予約をお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ