妊娠中の頻尿・尿漏れ

妊娠中の頻尿・尿漏れ

妊娠中の頻尿・尿漏れ

妊娠後期になると大きな子宮で膀胱が圧迫され、頻尿、尿漏れの症状が出ることがあります。出産後約2カ月経ちますと、子宮が元の大きさに戻り、こういった症状が出なくなる方が多いのですが、なかには骨盤底筋群が緩み、その後も頻尿・尿漏れの症状に悩む方もいます。
そんな時は、一度、当院の泌尿器科の受診がおすすめです。月に2回、泌尿器科の女性医師が外来を行っています。
病的な原因がないか検査をしてから、骨盤底筋を鍛えるピラティスのプログラムを紹介したり、ウロマスターという干渉低周波により、膀胱排尿筋・骨盤底筋刺激し、頻尿・尿失禁の治療を行う機能的電気刺激装置を使用し症状の緩和ケアを行っていきます。
40代、50代と年齢を重ねると症状はさらに強くなるので早めに筋肉を鍛え始めましょう。
ご希望の方はインターネット、またはお電話でまず、泌尿器科、または産婦人科でご予約をお取りください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根ウィメンズクリニック
http://www.ebine-womens-clinic.com/
東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル5,6,7F
03-5789-2590
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このページのトップへ